想像を超えて

この度、ブログを開設いたしました。

 

そういえば、

中学2年のときに、生意気にブログしていました。笑

内容はペットのことや、学校のこと、ゲームのことでした。

かなり黒歴史なんですが、

また同じことをし出すとは。。。

 

人間、過ちを繰り替えす生き物なのでしょうねぇ。

 

 

では、「黒歴史エピソード2」立ち上げます(#^.^#)

 

 

初回は、私の一番好きなアーティストを紹介しておきましょう。

 

 

<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/pR2E2OatMTQ" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

 

 

広島県出身の3人組テクノポップユニット"Perfume"です。

この曲は、2015年10月28日に発売された22thシングル"STAR TRAIN"といって、

シングルA面としてのタイアップPerfumeの楽曲では、珍しく一切ありません(自身のドキュメンタリー映画"WE ARE Perfume"の主題歌以外)。

まぁ、良い意味で(?)タイアップとしては使いにくい歌詞ですからね。

 

メジャーデビュー10周年という一つの大きな節目に、

プロデューサーである中田ヤスタカCAPSULE)が初めて、"Perfumeの今まで"を振り返って作ったということで、Perfumeの楽曲の間でもかなり特別な位置づけとなっています。

 

いや、もうね。

 

正直、何度見ても泣いてしまうMVなのですよ。

Perfumeの苦節と思い出がぎっちり詰まった作品なのです。

MV内で使われている映像、それを見るPerfumeの表情が、

今まで彼女たちが見てきた風景を物語っています。

 

 

2人のお客さん(メンバーの数よりも少ない!)からスタートした活動をここまで大きくすることが出来て、

過酷を極める音楽業界での生き残りの中で、

初めてのブレイク(2007年9月12日5thシングル「ポリリズム」発売)から10年経った今でも超一線で活躍し、国内外問わず、たくさんのファンを獲得し続けている・・・

 

こんなグループ他にありませんよ。

しかもこれは奇跡でもなんでないんです。

広くは知られていませんが、あまり売れず解散しかけたことだってるんです。

それでも地道な努力を続けた結果、

Zeppを埋め、武道館を埋め、東京ドームを埋めてきました。

今までの軌跡のすべてが、Perfumeの「Perfumeに賭ける想い」なのです。

普通だとなかなか真似できない生き方ですよね。

 

 

 

 

Perfumeについて、想いを語ると長く、まとまらなくなるので、

今回はここで。

週末のPerfume Fes、Amuse fes楽しんできます。

 

 

今後とも、ご贔屓にしていただけると幸いでございます。